30代からの妊活ブログ不妊治療を知る

30代の働きながらの妊活ブログ。妊娠、不妊、不妊治療のことを知る。

不妊治療とは~不妊治療は迷うくらいならやった方がいい~

不妊治療をする?しない?

 

不妊治療をしなかった場合とした場合を比較すると、

不妊治療の「価値」が見えてきます。

 

不妊治療をしない夫婦では、1年間で妊娠する可能性は80%程度です。

 

ここから年齢や各種条件によって確率が下がっていくので、

「自分たち夫婦に子どもができる確率」を知りたい方は

まずご自分たちの状況をきちんと把握する必要があります。

例として、私たち夫婦のパーソナルデータを支障のない範囲で

以下にまとめてみました。

 

・年齢:30代前半

・妊娠歴なし

・飲酒、喫煙習慣なし

・デスクワーク(フルタイム)※コロナの影響でリモートワーク中

・月経痛あり(痛み止めがないと耐えられない程度)

 

・年齢:30代前半

・飲酒、喫煙習慣あり

・営業職(フルタイム、出張、休日出勤あり)

 

  • 夫婦生活について

・頻度:月に1回から2回(休日か休日前)

 

私たちは30代になるギリギリのタイミングで結婚しました。

 

あまり具体的な将来像はなく、結婚したら子供ができるもので、

それが当然だと二人とも思っていました。

 

しかし、ふとこのパーソナルデータを客観視したとき、

「あ、これは無理だな」と気付いたのです。

致命的なのが、性交渉の頻度の低さです。

 

月に1回から2回の性交渉で自然妊娠できる?

 

35歳未満の女性が1週間に2回から3回の頻度

性交渉を持っていた場合、1周期あたりの妊娠確率が約80%です。

35歳以上になるとこれが約50%に下がります。

 

1週間に2回から3回性交渉していれば、

子宮のなかにいつでも生きている精子がいる状態になります。

年齢や健康状態のほかにそういった条件が整って、

ようやく1周期あたりの妊娠確率が80%です。

性交渉1回あたりの妊娠確率になると

それでも30%程度に下がるのだそうです。

 

※周期:排卵日を基準にした期間のことです

 

ところが、私たち夫婦は月に1回から2回しか性交渉の機会がありません。

ましてや、排卵日にタイミングを合わせてもいません。

共働きで生活のサイクルがまちまちですので、

起きている間に顔を合わせるのが休日だけ、

夫が出張で休日すら顔を合わせないなんてことだってザラです。

 

たまたま休日が合った時、

気力体力に余裕があれば……という感じなのです。

 

これで自然に妊娠出来たら逆にびっくりですよね。

奇跡と言っていいのではないでしょうか……。

 

不妊治療(体外受精)した場合、1周期あたりの妊娠率はどうなる?

 

2017年までのデータをまとめた政府統計のレポートを見てみました。

 

https://www.mhlw.go.jp/content/000766912.pdf

興味がある方はこちらをどうぞ↑

不妊治療の実態に関する調査研究 最終報告書 厚生労働省

 

私の以前お世話になった神戸ARTレディスクリニックのサイトにも

グラフが載っていますので、ご参考になるかと思います。

https://www.ivf.co.jp/?page_id=23

「神戸ARTレディスクリニック 妊娠のしくみ 妊娠と年齢」

 

高度生殖医療(特定不妊治療)による妊娠率もまた、

加齢に伴って減衰する下降線が明らかです。

グラフで一目瞭然というやつです。

 

  • 高度生殖医療による1周期あたりの妊娠率

・30歳までは30%以上

・31歳~35歳までは30%前後

・36歳~40歳までは20%台

・41歳~45歳までは10%程度

・45歳~50歳までは5%以下

 

私たち夫婦は治療に即した生活設計を立て、

実行し、排卵日に合わせて性交渉して、

ようやく1周期あたりの妊娠率が30%前後になるわけです。

 

「35歳の壁」が30代を迎えたご夫婦の目前に迫っています。

迷って後悔するくらいだったら、

いますぐ治療を始めるくらいの強い気持ちを

持った方がいいのかもしれません。

みなさまはどう思われますか?