30代からの妊活ブログ不妊治療を知る

30代の働きながらの妊活ブログ。妊娠、不妊、不妊治療のことを知る。

体外受精(採卵前の検査とは)

体外受精・胚移植法~採卵前に必要な検査 高度先進医療が実現した生殖補助医療の希望の星でもある、 体外受精・胚移植法は、ひとの手で妊娠を コントロールできる一方で、患者様への身体と心、 そして、経済的な負担が大きい治療法ではないでしょうか。 安全…

30代、着床前診断が本当に必要なのか?

30代、40代で子どもを産みたい、 自分の赤ちゃんをこの腕に抱きたいと願う方々にとって、 クリニックの存在はクモの糸を垂らす お釈迦様のような存在ですよね。 言い過ぎでしょうか? 実際にクリニックに寄せられた質問と、医師の回答を 参考にしたりして生…

40歳からの不妊治療、ミトコンドリアを増やす努力

40歳からの不妊治療 40歳から始める不妊治療について言及する前に、 年齢が妊娠に与える影響について再確認しておきたいと思います。 海外から日本が「成功しない不妊治療大国」という 不名誉なレッテルを貼られているひとつの要因が、 不妊治療を始める年齢…

コロナや戦争による不妊治療の影響は…

2022年2月24日、ロシアはウクライナへの 軍事侵攻を開始しました。 あれから1ヶ月あまり、市街地には犠牲となった 市民の死体が無造作に転がり、葬られることさえなく、 いまだに続く攻撃にさらされ続けているといいます。 日本がこの戦争に無関係だと思う方…

ダイエットによる排卵障害?その後の不妊治療

私自身、少女だったころはレディスクリニックを 敬遠していました。 大人になってからも近寄りがたいと思っていましたし、 下手な質問をしたらバカにされそうだなんて思っていました。 でも、実際にレディスクリニックを受診してみたら全く違いました! 『も…

体外受精の適用、スケジュールを学ぶ。

体外受精は不妊治療のなかで 最も効果が高い生殖補助医療(ART)として希望を託されています。 ただ難しい治療であり、特に女性の身体には 大きな負担がかかるようですよね。 費用の問題もあり、体外受精の適用は 事前の話し合いが必須だと感じます。 今回は…

30代の妊活、不妊治療へのステップアップ事例

妊娠しやすさを「妊孕性(にんようせい)」と いいますよね。 妊娠する可能性を「妊孕率(にんようりつ)」と言って、 これが年齢を重ねるほど下がることが分かっています。 高齢出産が問題視されたり、 公的な不妊治療助成制度に女性の年齢上限が 定められ…

着床前診断は保険適用外になるらしい

保険適用外になるらしい「着床前診断」の基本情報 ウクライナ情勢が気になる今日この頃、 平和とはなんて儚いものなのでしょうか。 まるで晩春の桜のように、 日本から遠く離れた空の下で「平和」がいままさに 散ろうとしています。 打ち砕かれようとしてい…

排卵障害は妊娠しにくい?排卵障害の検査

日本は生殖医療後進国だと感じます。 その理由は、世界的に見て 妊娠に関する教育が不十分なこと、 不妊治療の開始年齢が高いことが挙げられます。 レディスクリニック縁遠いと感じていらっしゃる方も 少ないくないようですね。 私自身、レディスクリニック…

神戸ARTレディスクリニックを参考に男性の不妊の検査

体外受精に至る道~男性側の検査と治療 不妊治療で医学的に妊娠をコントロールしていると 言えるのは「体外受精(IVF)」と「顕微授精(ICSI)」だけです。 とはいえ、卵子や精子を取り出して体外で受精させ、 成長を始めた胚を移植して妊娠を成立させる こ…

不妊治療費助成はARTのみが対象?ARTとは?

高度生殖医療(ART)とは 2022年4月以降は変わるかもしれませんが、 2021年1月から現在までに施行されている 不妊治療費の助成制度では高度生殖医療(ART)のみが 対象とされています。 それは不妊治療全体を見渡してもARTの治療費が 極端に高かったためでも…

不妊治療の保険適用の内容

不妊治療の保険適用開始迫る!2022年4月に向けて知っておきたい変化の話 不妊に悩むカップル、ご夫婦のみなさま大注目の話題、 不妊治療の保険適用に向けて徐々に明らかになってきた 「気になるポイント」についてレポートしたいと思います。 保険適用開始は…

卵管閉塞でも自然に妊娠できる?

不妊症に悩む方がどんどん増えているいま、 レディスクリニックの掲示板や質問が HP上に公開されており、いつも参考にしています。 私自身も気になった「卵管閉塞」と診断された 女性からの相談内容に興味をもちました。 ・質問 両方の卵管が詰まっていると…

不妊治療の検査(特殊な検査)

体外受精に至る道~女性側の特殊検査 不妊治療は検査、治療と、内容がステップアップしていきます。 体外受精や顕微授精は卵子を採取する手術が必要だったり、 実施項目が多く費用が高額だったりと、 どうしても身体的、経済的負担が大きくなります。 医療の…

不妊治療の費用、不妊治療助成制度

不妊治療費助成制度のおはなし 前回12月にブログを書いてからあっという間に 2022年。 今年の年末年始は私はというと おせち料理作りでバタバタしていたそんな 年末年始でした。 来年はさらにバージョンアップしたおせち料理を つくりたいと思った今日この頃…

2022年、コロナ時代の中の妊活、不妊治療のこと

2022年です! あけましておめでとうございます。 日本では新型コロナウィルス感染症の感染者数が減ってきましたし、 個人的には少しずつ社会全体が動き始めたのかな、 という印象です。 このお正月期間でまた感染者数は増えるかもしれませんが……。 また、物…

太っていることで妊娠はしにくい?

妊娠にまつわる不安。 「産婦人科、婦人科ってなんとなく怖い」 「こんな悩みを相談したら怒られるかも……」 そんな風に思っている方も多いのでしょうか。 ネット情報ではありますがレディスクリニックの中で 実際に私自身も気になていること、 今回は、年齢…

体外受精までに至るまでに行うこと

不妊治療の体外受精、検査 不妊治療は検査から始まり、 検査によってステップアップし、検査によって 終わると言っても過言ではないでしょう。 それほどまでに、不妊治療という医療においては、 検査が重要な役割を担っているからです。 これから不妊治療を…

不妊治療は男性も参加!女性だけの治療ではない

不妊治療は夫婦の足並みをそろえる 不妊治療では、女性と男性がそれぞれに検査を受け、 必要があればひとりずつ治療を受けなければなりません。 女性だけが検査と治療を受けている ご夫婦も少なくはないようです。 でも、それでは片手落ちだと私の知っている…

ワクチン接種で不妊症!?ウソ?ホント?

冬を迎えて日本では新型コロナウィルス感染症(以下「COVID-19」と記載)の 感染状況がぐっと落ち着いてきましたね。 しかし、これからはインフルエンザの流行期です。 また、アフリカ発の新しいCOVID-19変異株「オミクロン株」が 流行の兆しを見せ、不穏な…

血縁関係が濃いとダウン症の子どもは生まれやすい?

先日レディスクリニックの掲示板を見ていたら… 血族結婚とダウン症児の関係について気になったので 今回は、こちらの内容で考えていきたいと思います。 レディスクリニックにあった内容 質問 夫は血族結婚を繰り返してきた一族の出身です。 ダウン症の子ども…

不妊症と環境汚染

いつから不妊症は人類共通の問題になったのでしょうか… その答えは、「人が合成化学物質を多用するようになってから」 なのかもしれません。 なぜ、そのようなことを思ったかというと 私の読んだ書籍「体外受精のすすめ/成田収著」第一章に、 「不妊症の原…

高度生殖医療(ART)と一般不妊治療

今回は不妊治療の基礎知識 「高度生殖医療(ART)と一般不妊治療」について 考えてみたいと思います。 興味がある方はぜひお付き合いください! 不妊治療は自然妊娠できる可能性が低い方に 適用される治療法の総称です。 「不妊治療」とひとことで言っても、…

妊活でつける基礎体温表

基礎体温表をつけるにあたって準備したもの 「私は妊娠できるのかな?」 「私の身体ってどうなってるのかな?」 そんな疑問を持ったときには、自分の身体を知ることが大切ですよね。 妊娠するための機能が正しく働いているかどうかを調べる、 いちばん最初の…

不妊治療に協力的な夫とは

不妊治療は女性だけ頑張ってできるもの? 今回は「夫が不妊治療に協力してくれない」という論争について 書きたいと思います。 「あれ?」と思った方。 「……うちも」と思った方もいらっしゃるかもしれません!! 不妊治療のクリニックで見たQ&A 女性からの…

日本の体外受精による出産(出生数)はどれぐらいか

体外受精による不妊治療、日本が抱える社会問題 いまや不妊治療というワードは日本で 知らない人がいないほど有名ですよね。 そして、日本は不妊治療大国と呼ばれるほど、 毎年多くの体外受精が実施されています。なのに、 実は出産率はそれほど高くありませ…

不妊治療では何をする?不妊治療の流れ

不妊治療の流れと種類 不妊治療に関心を持ち始めた方、 これから不妊治療について調べようと思っている方に向けて、 不妊治療の基本をご紹介したいと思います。 何も知らないままいきなり不妊治療を勧められたという 女性もいらっしゃるかもしれません。 そ…

コロナの中での不妊治療って

コロナ感染の妊婦、早産で新生児死亡 日本中の妊娠している女性にとっては 心底震え上がらせたニュースではないでしょうか。 2021年8月19日、千葉県で自宅療養をしていた 新型コロナウィルス感染の妊娠29週の30代女性が 自宅で出産、新生児は病院に搬送され…

不妊と判断する基準、不妊とする期間

不妊症だと判断する基準を知りたい(クリニックの回答あり) レディスクリニック(産婦人科・婦人科)は 子どもがほしい女性のこころづよい味方なのではないでしょうか。 しかし、内科や外科などの診療科と違って、 単なる風邪やちょっとした怪我などで お世…

不妊治療のための本、役立つ本

不妊治療についての本から思うこと 今後、不妊治療や検査についてレポートする時には 参考にしている書籍を軸にしていきます。 それは、私が不妊治療の参考書として巡り合った書籍であり、 「未来の赤ちゃんに出会うために 不妊治療 体外受精のすすめ」 医療…